旅と散歩の話

雑記系のブログ。メディアと心理学、鉄道旅行を中心に書いてます。

新函館北斗駅の周辺(1)渡島沼尻駅

(今回の工程:2016/4/14 新函館北斗1456→渡島沼尻1539)

 

新函館北斗駅を出て最初に訪れたのが渡島沼尻駅。
乗車時間は45分ほど。
雨上がりのためなのか、周囲は霧に包まれていました。

 

駅の特徴は下記の通り。

  • 北海道(渡島総合振興局)茅部郡森町砂原東4丁目にある北海道旅客鉄道JR北海道函館本線(砂原支線)の駅である。駅番号はN67。電報略号はヌリ。
  • 駅の標高は60.5mである。
  • 駒ケ岳山麓に位置し、駅周囲に人家は3軒のみで、林と農耕地帯となっている。 


====

ギャラリー

 01_numa_01
01_numa_01 posted by (C)Tsuyu
ホーム全景。
後ろには多くの鉄道林が立ち並んでいます。

01_numa_02
01_numa_02 posted by (C)Tsuyu
駅舎。
つっかえ棒?で支えられています。

01_numa_05
01_numa_05 posted by (C)Tsuyu
駅前を通る道路。
散策中に車に遭遇することはありませんでした。

01_numa_17
01_numa_17 posted by (C)Tsuyu
道路の横にあった脇道。
これを通ると何処へ行くんだろう?

01_numa_21
01_numa_21 posted by (C)Tsuyu
霧がかかっていたため、
少し幻想的な雰囲気。
人家がほとんどない静けさが後押しします。

鉄道林と静寂さに囲まれた駅

函館本線は大沼駅から先は二手に分かれています。
ちょうど駒ヶ岳の麓を周るような感じですね。
内陸側が本線で海に近い方が支線です。

この渡島沼尻駅があるのは支線の方なのですが、
駅前を少し歩いた程度では海は程遠く、
林の中の駅という感じです。

駅前にも人家はほとんどなく、牧場と鉄道林が広がるのみ。
舗装された道路がありますが、車は1台も通りませんでした。

ここにあるのは「静寂さ」だけ。
都会の喧騒とは全くの無縁です。

ではまた(´・ω・`)ノシ

函館本線駅めぐり(01・渡島沼尻駅)
函館本線駅めぐり(01・渡島沼尻駅) by (C)Tsuyu